見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から14日
    ┗「霜降」まで1日
    仏滅
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ゴキブリ【東京雑学研究会編】


§ゴキブリはなぜ世界中に広がったのか?



どこにでも出没しては、女性に悲鳴を上げさせている昆虫がゴキブリである。衛生上の理由はもちろん、その脂ぎった姿や素早い動き、殺虫剤をものともしないしぶとさなども、嫌われる要因であろう。
しぶといのも当たり前で、ゴキブリは、はるか太古の昔から、現在とほとんど変わりのない姿で繁栄していた生物である。約三億年前の古生代石炭紀の化石には、ゴキブリがやたらとたくさん含まれており、石炭紀を「ゴキブリの世紀」と呼ぶ人もいるほどだ。石炭紀は温暖な時代であり、高温多湿を好むゴキブリにとって、繁殖しやすい環境だったと考えられる。
ところで、ゴキブリは本来熱帯に生息する昆虫である。ゴキブリには多くの種類がいるが、そのほとんどは現在でも森林の落ち葉の下などで、目立たないまま生息しているにすぎない。
しかし、数種のゴキブリは、温帯である日本や欧米をはじめ、ほとんど世界中に分布し、人間と同居している。実はこれ、人間が手助けしてしまった結果なのである。
もちろん、太古から生きてきた生命力の強い昆虫であるから、陸路を歩いて、長い時間をかけて移動したゴキブリもいただろう。しかし、ゴキブリが飛躍的に勢力を広げたのは、一六世紀の大航海時代のことだった。
この時代、ヨーロッパ人は七つの海を越えて、世界中に進出した。立ち寄る港町では、大量の荷物の積み降ろしをするが、このとき、ゴキブリも船の荷物に紛れて乗船したのだ。そして、海を渡っては、人間とともにまた別の土地に上陸し、港町から内陸へと広がっていったと考えられる。
大人数が移動する戦争も、ゴキブリにとってはチャンスである。一八世紀の七年戦争、二〇世紀の太平洋戦争の後も、ゴキブリは勢力範囲を広げている。
しかも、人間の住宅事情がよくなり、四季を通じて暖かい空間がふんだんにある現代は、ゴキブリにとっても、まことに暮らしやすい時代である。昨今では、飛行機の荷物に紛れて、空を飛ぶゴキブリも珍しくない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670331
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:国際連合  国道①  コカ・コーラ    

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    ゴキブリ
  1. ◆「ゴキブリ」の関連ワード

  2. 国際連合

  3. 国道①

  4. コカ・コーラ



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全