見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 香水③【東京雑学研究会編】


§香水の名品「ミツコ」って誰!?



世界の香水のベスト三の一つだといわれる、ゲランの「ミツコ」。いかにも日本人の女性を想像させる名前であるが、日本女性と何か関係があるのだろうか。
伝統と格調の高さを誇るフランスの香水の代表ブランド、ゲラン社は、一八二八年の創業以来、数々の天才調香師を生み出し、香りの王室と呼ばれるにふさわしい名香を発表し続けてきた。「ミツコ」は、ゲラン社の創始者の孫で、三代目社長のジャック・ゲランが調香し、一九一九年に発表した作品である。
そのネーミングのもとは、やはり日本の女性の名であった。ただし実在の女性ではなく、クロード・ファレルの小説『ラ・バタイユ(戦場)』のヒロイン、ミツコをモデルにしたものだと言われている。『ラ・バタイユ』は、日露戦争の日本海海戦を舞台に、日本の将官の妻ミツコと、イギリス軍人とのかなわぬ恋を描き、当時のフランスベストセラーとなった小説で、映画にもなった名作。しとやかな中にも、エキゾティックな情熱を秘めたヒロインの姿に強くひかれたジャック・ゲランは、情熱的で女性らしい香りの香水を、自ら「ミツコ」と名づけたのだという。
「ミツコ」は、明治時代の日本女性のイメージから調香され、和装の正装にもよく似合う、神秘的な日本へのあこがれを香りにした雅やかで慎み深い印象。時代を超えて、今も世界中の女性たちに羨望され続けている名香である。
自社の製品はすべて、自社で調香することを伝統としてきたゲラン家はまた、すぐれた調香師の家系でもあった。ジャック・ゲランは後に、『星の王子さま』の著者であり、パイロットとして夜間飛行に成功したサン・テグジュペリに敬意を表し、冒険心に富んだ香りとして名高い「夜間飛行」を生み出している。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670318
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:香水④  降水確率  香水②  香水①  

   


  1. 雑学大全>生活>おしゃれ    >    香水③
  1. ◆「香水③」の関連ワード

  2. 香水④

  3. 降水確率

  4. 香水②

  5. 香水①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全