見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 香水④【東京雑学研究会編】


§香水への道を開いたアラブ人の発見



日本の香のように、植物を燃やした煙でいぶして衣類に香りをこもらせるといった、香水のかわりのような方法はあった。また湯船に生花を浮かべて、入浴後の肌にその香りが残るようにするという方法も、世界各地の女性が試みていた。
しかし、花の香り成分だけを抽出して、しかもそれを消えないようにする方法はないものか。この女性たちの願望が香水づくりをスタートさせることになった。そして、それに応えたのが、アラブの錬金術師たちだった。
錬金術師というと、金をなんとかして人工的に作り出せないかという、今から見れば眉ツバものの研究に励んでいた者たちという印象があるが、大真面目で金製造を試みる過程で、さまざまな新発見や新技術の開発があったことも確かなのである。
その一つが、花の香り成分を取り出す水蒸気蒸留法の発明であり、もう一つはアルコール製造技術の発見である。
蒸留法は、ペルシア人のアウィケンナによって一一世紀はじめに発見されたといわれ、彼は世界初の花の精油抽出成功者とされている。
同じ頃、アラブ人たちの間では、アルコールを抽出する方法が考案されていた。ほとんどの香料は水には溶けないが、アルコール液中では溶ける性質を持つ。そしてアルコールの保存性は香りが消えるのを防ぎ、揮発するアルコールは、そのとき同時に溶け出している香りを立たせる。まさに香水の原型のようなものを作ることに成功したのだ。
この技術が、多くの香料と一緒に、十字軍の遠征でヨーロッパに伝わるフランスの植物学者フランギパニは、この技術をさらに研究して、今のような香水製法を完成させた。彼は、香料をアルコールに浸して熱し、香料の香りをアルコールに移すことに成功したのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670319
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:降水確率  行進曲  香水③  香水②  

   


  1. 雑学大全>生活>おしゃれ    >    香水④
  1. ◆「香水④」の関連ワード

  2. 降水確率

  3. 行進曲

  4. 香水③

  5. 香水②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全