見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 キリン【東京雑学研究会編】


§キリンの首はなぜ長いのか?



長い首がトレードマークキリンは、動物園の檻からも、あの首だけをニューッと突き出して、子どもたちの人気を集めている。ところで、どうしてキリンは、あんなに首が長いのだろう?
哺乳類の首の骨、頸椎の数は七つである。
キリンは最も背の高い哺乳類で、それも、あの首と足の長さによるものである。頸椎の数は、例外で多いだろうと思うところだが、やはり七つなのである。突飛な理由の結果として首が長くなったのではないという。
考えられる理由の一つは、首が長ければ遠くにいる敵を発見しやすいということである。キリンはウシなどと同じ偶蹄目で、戦う武器を持たない弱い動物で、肉食動物の餌食になりやすい。そこで、高い位置から周囲を見渡して、敵を発見したらいち早く逃げ出すというのだ。長い足も、逃げるのに適している。
もう一つの理由は、高いところにある木の葉食べるのに都合がいいというものである。キリンの祖先と考えられるパレオトグラスという動物は、緑豊かな草原に住んでいた。これだけなら、エサは豊富であり、何も長い首を持つ必要はない。ところが、二〇〇〇万年ほど前に、大規模な干ばつや山火事で、そこは植物がまばらにしか生えないサバンナになったと思われる。そこでキリンは、生き延びるために高いところにある木の葉を食べなくてはならず、首が長くなったというものだ。
首が長くなっていった経緯については、一八~一九世紀のフランスの生物学者ピエール・ラマルクによる「用不用の説」がある。
生きるのに必要な機能は進化し、不必要な機能は退化するキリンの首は、親から子へと、何世代も経つうちに長くなったのであろう。
また、『種の起源』のダーウィンは、生存に有利な者だけが生き残ったと考えた。少しでも長い首を持ったものが生き残ることができ、その結果、すべてのキリンの首が長くなったとも考えられる。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670265
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ギロチン    キリスト教  キリスト③  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    キリン
  1. ◆「キリン」の関連ワード

  2. ギロチン


  3. キリスト教

  4. キリスト③


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全