見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 キャバレー①【東京雑学研究会編】


§キャバレーがなければ、美術館の壁はガラガラだった?



キャバレーがはじめて生まれたのは一九世紀末のパリだった。
それまでは酒場ではお酒を飲み、ショーは劇場でときっちりわけられていた。お酒もお色気もと、乱痴気騒ぎ繰り広げるのは個人の家やアパートが通常だった。
世紀末の退廃ムード漂うパリに登場した「キャバレー」は中央にショー用のステージがある酒場だった。当時のショーというのはもちろんエロティックなものが中心。
キャバレーには瞬く間に娼婦が群がるようになり、そこにたむろしていた画家たちの関心をとらえた。娼婦たちの姿に人生の哀歓を感じた画家たちはこぞって彼女たちを描くようになっていったのだ。
当時のキャバレーの雰囲気は「ムーランルージュにて」など、多数のロートレックの名画によって知られている。
ロートレックに限らずキャバレーを題材にした名画は数多くある。だから、もしパリにキャバレーがなかったら、世界の美術館はガラガラだったかも知れないのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670245
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:キャバレー②  キャビア  着物  喜望峰  

   


  1. 雑学大全>生活>遊び    >    キャバレー①
  1. ◆「キャバレー①」の関連ワード

  2. キャバレー②

  3. キャビア

  4. 着物

  5. 喜望峰


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全