見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 キシリトール【東京雑学研究会編】


§キシリトールにはどのような効果があるのか?



ガムなどに配合されているキシリトールは、歯にいいというイメージがある。キシリトールとはいったい何で、どのような効果があるのか。
結論からいうと、キシリトールは虫歯の原因にはならないだけで、特に虫歯を予防したり、治療する効果はないといえる。たとえキシリトールが九五%、砂糖が五%でも、砂糖の虫歯を引き起こすはたらきを消すわけではないのだ。
キシリトールとは、白樺やトウモロコシの芯から作られる人工甘味料である。糖アルコールと呼ばれるものの一種だ。
キシリトールに限らず糖アルコールは、歯に付着している歯垢の細菌で分解されにくいので、甘くても砂糖とは違って虫歯の原因にはならない。
なお糖アルコールは、体内で消化されにくいため、摂取しすぎると下痢をしやすいので気をつけたい。
多くの糖アルコールの甘さは砂糖の半分程度だが、キシリトールには砂糖と同じくらいの甘さがある。そこで、砂糖の代わりにガムなどに使われているわけだ。
またキシリトールは、歯磨きにも入っている。歯を磨くときに苦くないように香味剤として使われていた、サッカリンナトリウムの代替だ。
サッカリン甘味料として認められているが、発ガン性の問題があって食品としてはできるだけ使わないようになってきた。食べるわけでない歯磨きなら健康に影響はないが、代替としてキシリトールを配合するようになったのだ。
市販されているガムなどの菓子は、ほかに砂糖や水あめが使われていても、キシリトールが入っていれば「キシリトール配合」と表示されている。配合されているだけでは何の効果もないわけだから、そのようなお菓子を食べた後、虫歯になりたくなければきちんと歯を磨くことだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670234
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:奇跡  キス  菊人形  菊酒  

   


  1. 雑学大全>生活>健康    >    キシリトール
  1. ◆「キシリトール」の関連ワード

  2. 奇跡

  3. キス

  4. 菊人形

  5. 菊酒


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全