見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 利き腕【東京雑学研究会編】


§右利きの人が多いのはどうしてか?



人間には、利き手、利き足というものがある。利き手は、いつも自発的に使おうとする手で、一般にはペンや箸を持つ手である。中には、ペンは右手で、箸は左手、あるいは、その逆の人も少数ではあるがいる。利き足は、片足立ちをしてみればよくわかるが、より安定して立っていられる方の足だ。どうしてこんな風に、使いやすい手や足ができるのだろう。どちらも同じように使えればいいのに。
手は、たいていの人が右利きである。成人で左利きの男性は、約五%、女性は約三%という。ちなみに、動物では右利きも左利きも五〇%ずつとのことである。
人間にだけ右利きが多い理由は、はっきりしていないが、いくつかの理由が考えられる。
家庭でのしつけで右利きにしているという説。右利き人間が多く、自分も右利きだから子どもも右利きにしようという親の期待があるのかもしれない。
次に人間の脳の右半球(右脳)と左半球(左脳)のはたらきに注目して、説明しようとするもの。人間は左脳をよく使っているというが、それは、言語をつかさどっているのが、左脳だからである。そして、左脳は、右半身の身体の動きを支配している。脳の中で神経が交差しているのである。このため、右半身の動き、つまり、右手の動きの方が左手の動きよりスムーズで、筋肉も右手の方が発達することになる。
もう一つは、心臓を守るには、手は右利きでなくてはならないという説。昔、人間が狩りをしたり、戦ったりしていたとき、左手に楯を持って左胸の心臓を守り、右手に武器を持ったので、その名残りで右利きになったという。
しかし、いずれも決定的な説とはいえない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670231
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:菊酒  菊人形    観音様  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人体    >    利き腕
  1. ◆「利き腕」の関連ワード

  2. 菊酒

  3. 菊人形


  4. 観音様


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全