見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 カニ缶【東京雑学研究会編】


§カニ缶の中身はなぜ包装紙に包まれているのか?



カニ缶を缶詰の王者に推す声は多い。なにしろ、高いものでは一万円以上。そしてその権威を象徴するように、缶だけでは手ぬるいと思うのか、缶の中でさらに包装紙に包まれている。
まさに特別扱いだが、カニ缶の中身が包装紙に包まれているのは、やはり値段が高いからだろうか。
実はあの包装紙は、化学的な理由に基づくものである。
カニ肉のタンパク質には硫黄分が多い。そしてカニ缶の缶の多くは、硫黄と反応しやすい鉄でできている。硫黄と鉄が反応すると硫化鉄になる。硫化鉄は人体には無害だが、黒い斑点となってカニ肉に付着してしまうのだ。
なにしろ高価なカニ缶だから、開けたときに斑点があるようではショック大きい。そこでこの斑点を防ぐための措置が、あの包装紙なのだ。包装紙は、耐水性のある硫酸紙である。
包装紙ほど目立たないが、缶の内側も化学反応を防ぐために塗装されている。缶の内側の塗装とカニ肉側の包装紙、このダブルストッパーの活躍で、カニ肉は守られているのだ。
包装は主として手仕事行われる。手間がかかるのでコストも高く、あまり安い缶詰では包装はできないという。
やはりカニ缶は特別扱いといえそうだが、硫黄分が多いホタテやエビの缶詰にも包装紙は使われている。
カニ缶製造業者は、古くからこの黒変防止に苦労してきた。和紙、木綿などいろいろな素材が試されたが、硫酸紙が採用されたのは一九〇七(明治四〇)年前後のこと。製造者は、根室の和泉庄蔵とも福井の大戸与三兵衛ともいわれる。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670208
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:雷①  雷②  カナリア諸島  紙オムツ  

   


  1. 雑学大全>生活>食べ物    >    カニ缶
  1. ◆「カニ缶」の関連ワード

  2. 雷①

  3. 雷②

  4. カナリア諸島

  5. 紙オムツ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全