見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・23日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気:「霜降
    大安
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 家庭内暴力【東京雑学研究会編】


§家庭内暴力が義務づけられていた頃とは?



古代ギリシアでアテネとともに隆盛を誇ったのがスパルタ。「スパルタ教育」の語源となったほど苛烈な生活様式で知られている。
スパルタの国政において、市民の生活様式は立法者・リュクルゴスによって定められたといわれているが、リュクルゴスが実在していたかどうかははっきりしていない。現存する文書によると、ポリス成立期のスパルタでは世襲の王が二人いて、これらの長老会と民会で国政を決定する、めずらしい二王制が取られていた。
ギリシア第一の強国となったスパルタでは力強いことが最高の美徳とされていた。これは結婚生活にも生かされていたというから驚きだ。
結婚のときも男性は女性を暴力的に扱うことを義務づけられ、女性はそれに対して必死に抵抗しなければいけなかった。つまり、女性は体力的に優位な男性に屈服する、という形式を取らなければいけなかったのだ。
さらに暴力が激しければ激しいほど夫は尊敬されて、抵抗が激しければ激しいほど、女性の方も尊敬された。
こんな手続きを踏んで結ばれた夫婦に子どもができた後も、子どもが強いかどうかが「鑑定官」と呼ばれる役職者によって調べられる。もちろん、鑑定官によるテストに合格すればそのまま育てられるが、不合格の烙印が押されると、父親は子どもをダイゲスト山から突き落として殺さなければならなかった。
現在の私たちから見ればとんでもないドメスティック・バイオレンス、というよりは国家をあげての暴力社会に聞こえるが、時代が変われば人々の価値観も変わるという良い例なのかも知れない

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670200
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:蚊取り線香①  蚊取り線香②  カップヌードル  勝海舟  

   


  1. 雑学大全>社会>事件    >    家庭内暴力
  1. ◆「家庭内暴力」の関連ワード

  2. 蚊取り線香①

  3. 蚊取り線香②

  4. カップヌードル

  5. 勝海舟


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全