見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・14日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から6日
    ┗「霜降」まで9日
    友引
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 お金①【東京雑学研究会編】


§お金はなぜ破れにくいのか?



何人もの手に渡り、折り曲げられたり、握りしめられたりしても、お札はなかなか破れない。どうして、ほかの紙より丈夫なのだろう?
日本のお札は、ことに丈夫だといわれるが、これは、紙幣の原料として、ミツマタという丈夫な繊維を持つ木が使われているためである。
ミツマタはジンチョウゲ科の落葉低木で、その名のとおり、枝の分かれ目は、すべて三つまたになっている。中国の中・南部からヒマラヤにかけてが原産地で、日本には室町時代頃にもたらされたといわれる。春先に咲く花は淡い黄金色で美しく、甘い香りがする。生け花にもよく使われるし、庭や垣根に植えている家もあるという、案外身近な植物なのである。
試しに、このミツマタを折ろうとしても、なかなか折ることはできない。繊維がとてつもなく強いからである。
このため、ミツマタは和紙の原料として用いられることとなった。秋に刈り取った幹や枝を蒸して皮をはぎ、何度も水にさらして繊維を取る。できあがった和紙は、強度・弾力があり、きめ細かな手ざわりである。お札には独特の匂いがするが、これもミツマタの匂いである。
ほかに、和紙の原料としては、コウゾやガンピが知られている。当初、ミツマタはこれらの代用として使われていたようだが、ミツマタは栽培も容易であることから、江戸時代の天明年間(一七八一~八九)には、静岡県東部でミツマタ紙の製造が始まった。
紙幣に使われるようになったのは一八八二(明治一五)年頃からで、その後、急速に栽培面積が増えていった。紙幣のほかに、証券紙や鳥の子紙などの高級用紙にも使われている。
また、ミツマタには、防虫効果のある成分も含まれている。丈夫で虫がつきにくいとなれば、お札には最適なのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670125
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:お金②  尾上菊五郎  オーロラ  オートクチュール  

   


  1. 雑学大全>生活>お金    >    お金①

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全