見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 一週間【東京雑学研究会編】


§そもそも一週間はなぜ七日なのか?



一週間は月曜から日曜までの七日間である。これは、どういう理由で定められたものなのだろうか。
例えば、年は季節の移り変わりである。そして、月はその満ち欠け、日は太陽の出と入りとで区切られている。週にもこういった区切りの意味があるのだろうか。
七日を一週間として考えるルーツは、前三〇〇〇年頃のこと。チグリス・ユーフラテス川地方にあった古代バビロニアで始められたものである。
七日の根拠は、月と星という二つの説がある。
太陰暦によれば、新月から上弦月、上弦月から満月、満月から下弦月、下弦月から新月とそれぞれの満ち欠けに約七日かかることになる。これが一週間の原点だという説がある。
もう一つは星である。火星、水星、木星、金星、土星は動く星である。だから惑星なのだが、この星たちは七日交代で地球の回りを回っていると考えられていた(天動説)。そこから、曜日の名前も生まれたわけである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670053
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:稲荷  イヌ①  一休  一富士二鷹三茄子  

   


  1. ◆「一週間」の関連ワード

  2. 稲荷

  3. イヌ①

  4. 一休

  5. 一富士二鷹三茄子


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全