見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アンクル・サム【東京雑学研究会編】


§アメリカ人の愛称アンクル・サムは実在の人物だった!



アンクル・サム(サムおじさん)とは、アメリカ合衆国やアメリカ人を象徴するニックネームだ。United Statesの頭文字「U」と「S」が、Uncle Samと同じだからだと言われている。
風刺漫画などにも、星条旗模様の洋服に、シルクハットの立派なヒゲのおじさん、といったイメージで描かれたアンクル・サムをご存じの方も多いはず。
ところが、このアンクル・サムが実在の人物からとった言葉であることは、あまり知られていない。
その張本人の名は、サム・ウィルソン。独立戦争時代の人物で、一四歳で志願兵となり、退役後はニューヨークで缶詰工場を経営していた。
あるとき、工場にニューヨーク州知事らの一団が見学に訪れた。当時ここの製品は軍需用であったため、検査済の製品には「EA・US」という印が押されていた。EAは工場の親会社頭文字、USはアメリカ合衆国を表すものであった。
ところが、州知事が印の意味を尋ねると、従業員はアンクル・サム・ウィルソンの頭文字だと答えたという。
一八年後の一八三〇年、この記事がニューヨークの新聞のコラムに載って話題となった。ウィルソン氏はたいそう働き者で、新生アメリカの象徴ともいうべき人物であったことから、彼のような人物をアンクル・サムと呼ぶようになったのだ。
やがて一九六一年、連邦議会はアンクル・サム・ウィルソンを、アメリカの国民的象徴の元祖と認め、彼を手本に自らの政府の愛称もアンクル・サムとしたのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670035
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:アンモナイト    泡盛②  泡盛①  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    アンクル・サム
  1. ◆「アンクル・サム」の関連ワード

  2. アンモナイト


  3. 泡盛②

  4. 泡盛①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全