見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 泡盛①【東京雑学研究会編】


§泡で品質を決めていた、「泡の立たない酒」とは?



「泡盛」といえば、沖縄県特産の米焼酎だ。しかし、名前に反して容器についでも、泡がビールのように立つことはない。
泡盛は米で造る蒸留酒だが、かつては粟でも造られていたそうで、江戸時代の文献には粟で焼酎を造ったので「あわもり(粟盛り)」といい、それが泡盛の名のもとになったと記されている。これは「粟」説とでもいおうか。
一方、蒸留の際に泡がさかんに盛りあがる様子から、泡盛となったとする説がある。さらに、「泡」説には、もう一つ、信憑性の高い説がある。
昔の泡盛は、器に注ぐと泡が盛りあがり、その泡の立ち方で品質が決定されていたというものだ。アルコール度数計がない昔は、酒屋が泡盛の度数を見るのに、蒸留後の酒を茶碗から茶碗に移したり、酒をひしゃくですくい取って上からカメにこぼしたりして、その泡立ち具合からアルコール分の強さを計った。度数が高いほど泡が長く持ち、消えにくい。この「泡を盛って見る」計り方が転じて泡盛となったという。
さらに、「薩摩命名説」も捨てがたい。薩摩の島津氏による琉球侵攻後、琉球から薩摩を通して特産物が献上された。当時の江戸では、しだいに酒粕で造った焼酎が知られるようになっていたので、薩摩藩は琉球の焼酎を強調し、商品価値を高めるため、泡盛と命名したというものだ。一六七一(寛文一一)年、琉球王国の尚貞王から将軍徳川家綱への献上品目録に、はじめて泡盛の名が登場する。しかし、目録はすべて島津藩が修正したものなので、尚貞王が最初、どのように命名していたのかは定かではない。
インドの言葉が定着したとは考えにくいが、インド説もある。これは、インドのある地方で酒のことを「アワムリ」とか「アカマリ」と呼んでいたことに由来するというものだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670033
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:泡盛②  アンクル・サム  アルコール  アリ②  

   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    泡盛①
  1. ◆「泡盛①」の関連ワード

  2. 泡盛②

  3. アンクル・サム

  4. アルコール

  5. アリ②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全