見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・20日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から13日
    ┗「小雪」まで2日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ふたご座流星群【ふたござりゅうせいぐん】





3大流星群のひとつで、毎年12月5日~12月20日頃、極大の12月14日頃を中心にみられる流星群のこと。のこり2つは1月の「しぶんぎ座流星群」と8月の「ペルセウス座流星群」。毎年安定して多くの流星がみられ、3大流星群の中でも最大の規模となる。空気が澄み、月明かりが無いなど条件が揃うと、1時間に100個以上の流星を見ることができる場合もある。ふたご座は夕暮れから夜明けまで見えているため常時見られる可能性があり、深夜2時頃が天頂方向となる。

地球から見てふたご座付近を放射点として観測されることから「ふたご座流星群」と呼ばれる。方向がふたご座というだけで、実際のふたご座の星が彗星として観測されるものではない。

母天体(流星物質を放出している天体)は、フェートンという天体で、ガスやチリなどの流星物質を放出し尽くしたもので、もう彗星ではない。同天体が以前に放出したチリにより流星群が見られている。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425518
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 時事用語のABC>地理・自然>宇宙・天体    >    ふたご座流星群

A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC