見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・22日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気:「小雪
    大安
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 馬車の導入【ばしゃのどうにゅう】


徒歩から馬車へ、乗合馬車が誕生したのはいつ?



外国では古くから馬車が道路交通の主役として活躍したが、日本ではどこへ行くにももっぱら徒歩。家畜を交通手段に使うということを知らなかった。日本に馬車の時代はほとんどなかったといってもよい。道路整備が西欧諸国に比べて大きく遅れていたのは、日本には馬車の時代がなかったからだといわれている。
わが国で最初に馬車が導入されたのは江戸末期、日本が鎖国を解き、外国との貿易を始めてからのことである。まず、長崎や横浜などの開港場で自家用馬車が登場した。開港場近くに住む日本人は、町中を闊歩する馬車の姿に目を白黒させたに違いない。馬車が走るようになったとはいえ、利用するのは外国人、および上流階級の日本人だけで、一般庶民が馬車に乗ることは叶わぬ夢だったのである。
だが、一八六九(明治二)年には、東京―横浜間に日本で初めての乗合馬車が開業した。その後、東京―高崎間や東京―宇都宮間などで相次いで開業し、馬車時代の到来を予感させた。
しかし、日本の道路は馬車が走ることを想定してつくられていなかったために、道路はたちまち損傷、悪路と化した。窪地にタイヤがはまり込んで馬車が転覆するという事故も相次ぎ、その対策を講じる間もなく、明治五年に新橋―横浜間に鉄道が開通。安全性が高く、スピードのある鉄道に注目が集まるようになった。
鉄道路線の延伸にともない、馬車は幹線道路から影を潜め、やがて鉄道が陸上交通の主役の座についた。また、都市部ではすっかり姿を消した馬車だが、地方では鉄道駅からその後背地への交通機関として、バスが登場するまで重要な役割を果たしてきたのである。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060136
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:バス  人力車  東京湾横断道路  東京湾アクアライン  

   


  1. ◆「馬車の導入」の関連ワード

  2. バス

  3. 人力車

  4. 東京湾横断道路

  5. 東京湾アクアライン


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典