見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで4日
    先勝
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 吊橋【つりばし】


瀬戸内海に架かる橋はいずれも世界一!



橋を構造別にみるとほとんどが桁橋で、吊橋や斜張橋はごく小数派だ。全国にある一五m以上の橋一三万六八六五か所のうち、吊橋はわずかに九八四か所。吊橋の一種の斜張橋はさらに少なく、二九九か所しかない。両方を加えても一二二三か所と、全体の一%にも満たない。
吊橋は、張力に優れたケーブルの発展とともに、長大橋が建設されるようになった。空中に張り渡したケーブルで、橋床を吊り下げる構造の橋が吊橋である。吊橋には支間を長くできるという利点があり、支間距離の長い橋はほとんどが吊橋だといってもよい。
平成一〇年に完成した明石市淡路島をつなぐ明石海峡大橋は、世界最長の吊橋(全長三九九一m)として注目を集めた。幅四km近い明石海峡をひと跨ぎしたのである。中央支間の距離は実に一九九一mと、約二kmの間に橋脚が一本もないのだ。
平成一一年には、本州(尾道)と四国(今治)を結ぶ三本目のルートとして「しまなみ海道」が完成した。その中の一つ、生口(いくち)島と大三島を結ぶ多々羅大橋も世界一なのである。多々羅大橋は斜張橋だ。斜張橋は吊橋の一種だとはいえ、力学的原理は吊橋と異なる。主塔から斜めに張ったケーブルで長い橋床を吊ったもので、美観に優れていることから、最近は支間の短い橋にも採用されている。
多々羅大橋の全長は一四八〇km、中央支間は八九〇m、斜張橋としては世界一長い橋なのである。これで道路鉄道併用橋で世界一の瀬戸大橋を合わせ、瀬戸内海には世界一の長大橋が三本も架かっているのである。本州と四国を結ぶルートが三か所で実現し、いずれの橋も世界一というのだから、日本の橋梁技術もめざましい成長を遂げたものである。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060126
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ループ橋  横断歩道橋  橋の長さ  橋の数  

   


  1. ◆「吊橋」の関連ワード

  2. ループ橋

  3. 横断歩道橋

  4. 橋の長さ

  5. 橋の数


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典