見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地下高速道路網【ちかこうそくどうろもう】


東京の下に地下高速道路網?



大都会の都心部は、所狭しとばかりにビルが林立し、道路の下には地下鉄が走り、地下街や地下駐車場も建設されている。もはや都市空間は、地上も地下も限界になりつつある。そこで、さらに深い地下空間を有効に活用し、都市機能をより一層高めようという構想が持ち上っている。ビルがどんどん高層化していくように、地下に向っての高層化、高深度化を推し進めようというのである。
現在走っている地下鉄の、そのさらに下に高速道路を走らせ、商店街や体育館、公園など、都市が要求する施設を建設する。SFの映画や小説などでは、たびたび地下に開けた巨大都市が登場するが、そのSFの世界がやがては誕生するかもしれないのだ。
外国ではすでに体育館やアイススケート場などの施設が、地下につくられている都市がある。これらの施設は、緊急時のシェルターの役割も果たすという。日本でも、青函トンネルのように、海面下二四〇mの地中を鉄道が走り抜けているではないか。地下都市、地下高速道路構想は、現実味を帯びた将来の都市計画なのである。
地下高速道路を走る車は、未来都市にふさわしい無公害車で、電磁波によって走行する車を走らせようというのだ。車は巨大な高速エレベーターで一気に大深度地下に運ばれ、そこから地下に建設された道路を、高速で走行するのである。首都高速道路のような高速道路網が、東京の地下深くに建設される日がやがてくるかもしれないのだ。
いずれにしろ、地下に何を建設するにしても莫大な費用がかかるので、実現するまでには長い年月を待たねばならないが、道路を建設していく側も利用するわれわれも、将来の夢として期待したいものである。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060112
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:立体道路制度  掘割式道路  地下街  共同溝  

   


  1. 道と路がわかる事典>5章 いろいろな道>    >    地下高速道路網
  1. ◆「地下高速道路網」の関連ワード

  2. 立体道路制度

  3. 掘割式道路

  4. 地下街

  5. 共同溝


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典