見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・9日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から2日
    ┗「冬至」まで13日
    大安
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 積載物重量制限超過対策【せきさいぶつじゅうりょうせいげんちょうかたいさく】


重量制限オーバーのトラックも一発アウト?



交通事故の恐ろしさは誰もが認識しているはずなのに、飲酒運転スピード違反など、交通規則の違反者は後を断たない。積載物重量制限超過も立派な交通違反である。特に大型車は、一歩間違えば大事故を引き起こしかねないだけに、より厳重なチェックが必要だろう。ところが、高速道路上での過積載車の取締りを見たことがない。このことに疑問を抱いている人は、少なくないのではないだろうか。
高速道路上では、車を一台一台止めてチェックするわけにはいかない。かといって、違反者を見逃していたのでは、交通安全上好ましくない。
実は、過積載の取締りは高速道路上でするのではない。違反車は進入前にシャットアウトし、高速道路を走らせないのである。どこにそんな仕掛けが? と不思議に思う人もいるかもしれないが、インターチェンジ料金所のすぐ手前に、重量計がちゃんと設置されているのだ。
軸重量という計器でまずチェックし、その検問に引っかかった車は、料金所をそのままバックさせるというわけにもいかないから、一旦料金所を通して隅に寄せ、そこに設置された重量計で再チェック。過積載がはっきりしたら、そこから一般道路へ強制的に退去させるのである。過積載車が高速道路を走ると、危険なだけでなく、路面を損傷させたり、舗装の寿命を著しく低下させる。そのため、絶えず目を光らせているのだ。
だが例外もある。制限を超える積載物を運搬したい場合、道路管理者の許可を得れば、通行は可能である。ただし、通行時間、走行速度などさまざまな条件がつけられる。新幹線の車両を積んだ大型トレーラーが、深夜の高速道路を走る場面をテレビで見たことはないだろうか。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060038
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 道と路がわかる事典>2章 国道・高速道路の雑学>    >    積載物重量制限超過対策

A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典