見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・5日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小雪」から13日
    ┗「大雪」まで2日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 高速道路の形状【こうそくどうろのけいじょう】


地形のせいではない。高速道路が直線でないわけ



わが国の地形は複雑で、山があったり川があったり、住宅地があったりして、最短距離で道路を建設することが難しい。だから、高速道路にも直線区間が少ないのだろうか。実はそうではないのである。
日本の土木技術は世界最高の水準にある。そこに山が立ちはだかろうと、谷や川があろうと、一〇キロや二〇キロ程度の区間なら、直線の高速道路を建設することは、それほど困難なことではないのだ。だったら、なぜ高速道路には直線区間がほとんどないのか。
高速道路は立体交差になっているため、信号で止まることはない。人や自転車が突然飛び出してくる恐れもない。一般道路のように余計な神経を使う必要がないのだ。だから、つい気が緩みがちになる。しかも、道路の両側が防音壁であったり、土手であったり、一般道路より高いところを走っていたりする。景色の変化が乏しいために集中力を欠き、眠気をもよおした経験を持つドライバーは多いはずである。北海道直線道路を走ったことのある人なら、直線道路ドライバーにとっていかに危険であるかがわかるだろう。果てしもなく続く平原、田園地帯、走っても走っても風景が変化しない単調さ。筆者も北海道ドライブしたとき、直線道路で距離感覚やスピード感まで喪失しかねない状態に追い込まれたことがあった。
これがもし高速道路だったら、この症状はもっとひどくなっていたはずだ。高速道路カーブはそれを防ぐためのものだといっていい。道路を曲線にすることによって風景に変化をもたせ、集中力を持続させる。そのために、高速道路にはほとんど直線区間がない。この工法には、高速道路の先進地、ドイツを走っているアウトバーンの技術が導入されているという。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060037
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 道と路がわかる事典>2章 国道・高速道路の雑学>    >    高速道路の形状

A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典