見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から14日
    ┗「小満」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 源頼朝と北条政子③【みなもとのよりともとほうじょうまさこ】



6 源頼朝と北条政子③静御前の舞に自らの想いを重ねる
 源義経が兄・頼朝に反旗を翻したため、頼朝は義経の愛妾・静御前を吉野山で捕らえて、鎌倉に連行した。1186年のことである。
 静は義経の行方を詰問されるが、何も答えなかった。頼朝はまた、静が名高い白拍子、つまり舞の達人だったので、その舞を見たいと所望したが、これも断り続けた。
 しかしついに、源氏の繁栄を詣でる鶴岡八幡宮の舞台で、舞を舞うことになった。
「よしの山 峰の白雪 踏みわけて
  入りにし人の あとぞ恋しき」
「静や静 しずのおだまき くり返し
  昔を今に なすよしもがな」
 静は、切々と義経への想いを歌い舞った。
 これを見た頼朝は、
「反逆者への想いを私の前で歌うとは何事ぞ!」と激怒した。
 これに対して、頼朝の横にいた政子は、
「何をおっしゃいます。私が父に結婚を反対され、伊豆山権現にいるあなたのもとへ駆けていったとき、これと同じ気持ちでしたし、石橋山の戦い(1180年に伊豆から東進を試みた頼朝を平氏方・大庭景親が破った一戦)であなたが生死不明になったおりも、同じ心境でおりました。恋しい人を慕う心、それをどうして責めることができましょう」と、たしなめたという。
 静の舞に託して「糟糠の妻」(貧乏なときから苦労を共にしてきた妻という意味)である自分の大切さを、頼朝にアピールしたのだろう。
 さすがの頼朝も、返す言葉がなかったという。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625082
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 日本史の雑学事典>第7章 愛と憎しみの巻>鎌倉時代    >    源頼朝と北条政子③

A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典