見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・9日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から2日
    ┗「冬至」まで13日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 徳川家光①【とくがわいえみつ】



7 徳川家光直筆の金扇を発見!…書かれていたのは何と柳生新陰流の兵法だった
 1999年6月、3代将軍・徳川家光が佐賀の小城藩主・鍋島元茂に贈ったとされる金扇が、奈良市内の古美術商・多田敏捷氏宅に保管されていることが判明した。
 この金扇には、家光の直筆がびっしり書き込まれており、筑波大学の渡辺一郎名誉教授が、筆跡に加え、家光が鍋島元茂に扇を与えた記録があること、当時金扇を使用できたのが将軍に限られたことなどから、これが家光の金扇だと判断した。
 金扇は、和紙に金箔を張りつけたもので、大きさは縦17センチ、横58センチある。扇に毛筆で隙間なく書き込まれた文字は、詩でも和歌でもなく、柳生新陰流の兵法や剣法を記したものだった。
 実は、家光はたいへん武術を好み、さまざまな剣豪を招いて、たびたび御前試合を催すと共に、自らは柳生新陰流に入門し、稽古に励んでいたことが判明している。
 その稽古相手の一人が鍋島元茂であった。金扇は、元茂が家光の前で模範演技を披露したさい、家光に「兵法の心得を述べよ」と問われ、一言「無心」と答えたことに喜び、下賜したとされる。
 ちなみにこの金扇は、多田氏が数年前、京都市内の古道具市で、木箱に入った金扇と、その由来が記された柳生家と鍋島家の書簡を見つけて、買い取ったものだそうだ。
 柳生家は家光の剣術指南役として大変厚遇されており、3千石の旗本だった当主・宗矩は、大名の監視役たる惣目付(のちの大目付)に任命され、やがて1万2500石に加増され、大和柳生藩の大名になっている。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625076
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:藤原道長  白河法皇  宮本武蔵  鐘巻自斎  

   


  1. ◆「徳川家光①」の関連ワード

  2. 藤原道長

  3. 白河法皇

  4. 宮本武蔵

  5. 鐘巻自斎


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典