見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・13日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から6日
    ┗「小雪」まで9日
    先負
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 立秋【りっしゅう】



 二十四節気の一つ。八月八日頃。立秋とは名ばかりで、気温はぐんぐん上がる。
 立秋は太陽の黄経が一三五度に達したときをいう。立秋が秋らしくないのは、旧暦と新暦のずれによるものだと思っている人がいるが、それは誤解である。暦の日付は改暦によってずれても、二十四節気はずらすことはできない。旧暦時代もやはり立秋は暑かったことに変わりはない。
 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」(藤原敏行)。秋立つ日に詠んだという『古今集』に載る名歌である。古語の「驚く」は、ハッと気づくという意味である。「秋立つや何に驚く陰陽師」という蕪村の句もある。目にみえぬまでも秋はひそかにしのびよる。

【出典】 日本実業出版社(著:吉岡 安之)
暦の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5040155
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:残暑  魂祭  八朔  葉月  

   


  1. ◆「立秋」の関連ワード

  2. 残暑

  3. 魂祭

  4. 八朔

  5. 葉月


A D

暦の雑学事典について
身近な話題から歳時記まで、暦の蘊蓄が盛り沢山。「暦はなぜコヨミというのか」「一週間はなぜ七日なのか」「曜日名は世界共通ではない」など知っているとちょっと楽しい知識を紹介。
この言葉が収録されている辞典

 暦の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】暦の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】吉岡 安之
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】198
  • 【発売日】1999年12月
  • 【ISBN】978-4534030214










関連辞典
暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典