見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「みる」に関する故事・成語・ことわざ



[鼬(いたち)の目陰(まかげ)]手を目の上にかざして見る。
[右顧左眄(うこさべん)](⇒「判断(はんだん)」443ページ)
[眼光炯炯(がんこうけいけい)]目が輝き、鋭く光るさま。物を見抜く力がすぐれていることにも使う。
[眼高手低(がんこうしゅてい)]物を見る目は肥えているが、物を作り出す腕は下手なこと。
[拱手傍観(きょうしゅぼうかん)]そばで手をこまぬいて見ているだけで、何もしないさま。「拱手」は「こうしゅ」とも読む。《類》「袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)」
[心焉(こころここ)に在(あ)らざれば視(み)れども見(み)えず]視線を向けていても、心が他のことにとらわれていては何も見えない。精神を集中して事に当たれという戒め。
[人(ひと)は見(み)かけによらぬもの]人の性格や能力は外見だけでは判断できないものであるということ。
[百聞(ひゃくぶん)は一見(いっけん)に如(し)かず]人から百回話を聞くよりも、自分で実際に一度見る方が確かであるということ。
[洞ヶ峠(ほらがとうげ)を決(き)め込(こ)む]どちらか有利な方につこうと、形勢を見ている態度のたとえ。「洞ヶ峠」は京都と大阪の境にある峠で、羽柴秀吉と明智光秀が山崎で対戦したとき、筒井順慶がここで戦況の有利な方に味方しようとようすを見ていたという伝説による。
[見(み)ざる聞(き)かざる言(い)わざる]人の欠点や過失は、見ない聞かない言わないというのが暮らしの知恵であるという戒め。目・耳・口を両手でふさいだ三匹の猿を「三猿」といい、「…ない」の「…ざる」と「猿」とをかけたもの。
[見(み)ぬが花(はな)]何事も心の中で想像しているうちはいいが、現実に見てしまうと落胆することが多いということ。
[見(み)ぬもの清(きよ)し]見てしまえば汚いものでも、見ないうちは平気でいられるものだということ。
[見(み)るは法楽(ほうらく)]美しいものを見るのは楽しく、心がなごむものだ。また、見るだけならただだということ。「法楽」とは、神仏を慰めるための音楽。転じて慰み・楽しみのこと。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382176
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「みる」に関する故事・成語・ことわざ

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典