見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「病む・病」に関する慣用句



[薄紙(うすがみ)をCID(7774)(は)ぐよう]病気がわずかずつよくなることのたとえ。
[鬼(おに)の霍乱(かくらん)]「霍乱」は日射病、暑気あたりのこと。ふだんから丈夫で病気などしそうにない人が病気になること。
[体(からだ)に障(さわ)る]健康を損ねる原因となる。
[体(からだ)を壊(こわ)す]病気になる。
[気(き)に病(や)む](⇒「心配(しんぱい)」○○○ページ)
[苦(く)に病(や)む]ひどく気にして苦しみ悩む。
[床(とこ)に臥(ふ)す]病気で寝込む。《類》「床に就く
[熱(ねつ)に浮(う)かされる]高熱のためにうわごとを言う。転じて、物事に夢中になることにもいう。
[腹(はら)も身(み)の内(うち)]胃腸も体の一部なのだから、無茶な大食をすれば調子を悪くするという戒め。《類》「腹八分(はらはちぶ)に医者要(いしゃい)らず」
[蒲柳(ほりゅう)の質(しつ)]「蒲柳」はカワヤナギの異名。秋になると早々に葉が枯れ落ちるところから、虚弱な体質のたとえ。
[脈(みゃく)を取(と)る]脈拍を調べ診察する
[薬餌(やくじ)に親(した)しむ]常に薬を飲む意から、病気がちであること。
[病(やまい)は気(き)から]病気は気の持ちようで、よくも悪くもなるということ。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382178
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「病む・病」に関する慣用句

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典