見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から9日
    ┗「冬至」まで6日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:27
    月名(旧歴日):暁月/有明月(ありあけづき)/下弦後の三日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「願う・望む」に関する慣用句



[貴方(あなた)任(まか)せ]阿弥陀仏の誓願に任せること。他人の言うがままになることもいう。
[一縷(いちる)の望(のぞ)み]ごくわずかにつながっている望み。「一縷」は「一本の細い糸すじ」で、わずかを意味する。
[願(がん)を掛(か)ける]神仏に自分の思いがかなうように願い事をする。
[苦(くる)しい時(とき)の神頼(かみだの)み]ふだんは神への信仰心のない人が、災難や困難にあったときだけ神に祈って助けを求めること。
[食指(しょくし)が動(うご)く]あることを求めようとする気持ちになる。
[曙光(しょこう)を見出(みいだ)す]暗い中に現れ始めた希望の兆し。
[注文(ちゅうもん)を付(つ)ける]条件を出して希望する。
[無(な)い物(もの)ねだり]かないそうもないことを願うこと。
[願(ねが)い下(さ)げる]いったん願い出た事を取りやめにする。
[願(ねが)ったり叶(かな)ったり]願った通り、望んだ通りに事が行われるようす。
[願(ねが)ってもない]願い、望んだこと以上に都合よく起こること。非常にありがたいと思うようす。
[望(のぞ)みを属(しょく)す]ある事に希望をかけること。《類》「望(のぞ)みを託(たく)す」
[望外(ぼうがい)の喜(よろこ)び]望んでいた以上にうれしいこと。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382136
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「願う・望む」に関する慣用句

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典