見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から9日
    ┗「冬至」まで6日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:27
    月名(旧歴日):暁月/有明月(ありあけづき)/下弦後の三日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「座る」に関する慣用句・成語



[胡座(あぐら)をかく]足を組んで楽な状態にして座る。《類》「座(ざ)を組(く)む」「膝(ひざ)を組(く)む」「陸(ろく)に居(い)る」
[結跏趺坐(けっかふざ)]あぐらをかき、左右の大CID(7728)部(だいたいぶ)の上にそれぞれの反対の足を置いて組む座り方。「跏」は、足の裏、「趺」は、足の甲。仏教での坐法の一つ。《類》「半跏趺坐(はんかふざ)」
[座(ざ)が長(なが)い]他人の家を訪ねて長居をする。
[座(ざ)に直(なお)る]自分の席に座る。
[座(ざ)を構(かま)える]着席する。また、行儀よく座る。
[座(ざ)を占(し)める]着席する。
[座(ざ)を外(はず)す]用事などのために、席を立ってその場からいなくなる。《類》「席(せき)を外(はず)す」「座(ざ)を立(た)つ」
[只管打坐(しかんたざ)]すべての雑念を払い、ただひたすら座禅に修行すること。「只管」は、ひたすらの意。
[席(せき)を改(あらた)める]話し合いや宴会などの場所を改めて別の所に移す。会場を変えること。
[席(せき)を譲(ゆず)る]自分の座っている席に他の人を座らせる。
[膝(ひざ)を崩(くず)す]正座の状態から楽な姿勢になって座る。
[膝(ひざ)を組(く)む]同席する。対座する。
[膝(ひざ)を進(すす)める]座ったまま、膝で体を前に進めて近寄る
[膝(ひざ)を正(ただ)す]行儀よく正座の姿勢で座る。
[膝(ひざ)を突(つ)き合(あ)わせる]よく話し合うため、互いの膝が触れ合うほど近くに向かい合って座る。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382100
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「座る」に関する慣用句・成語

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典