見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から10日
    ┗「冬至」まで5日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「考える・考え」に関する故事・成語・ことわざ



[内股膏薬(うちまたごうやく)]きまった主張や意見がなく、あちこちに付き従うこと。また、その人。《類》「二股膏薬(ふたまたごうやく)」「股座膏薬(またぐらごうやく)」
[机上(きじょう)の空論(くうろん)]実際には役に立たない案や意見。《類》「空理空論(くうりくうろん)」
[奇想天外(きそうてんがい)]思いもよらない変わった考え。
[愚者(ぐしゃ)の一得(いっとく)]愚かな者でも時にはよい考えを出すときもあるということ。《類》「千慮(せんりょ)の一得(いっとく)」
[君子(くんし)は豹変(ひょうへん)す](⇒「改(あらた)める・改(あらた)まる」70ページ)
[再思三考(さいしさんこう)]二度も三度も考えること。何度も考えること。
[時代錯誤(じだいさくご)]現代の傾向に合わない考え方。
[十人十色(じゅうにんといろ)]人の好みや考えがそれぞれに違っていること。
[思慮分別(しりょふんべつ)]深く考えめぐらして判断すること。
[深謀遠慮(しんぼうえんりょ)](⇒「意向(いこう)・意志(いし)・意思(いし)」91ページ)
[千思万考(せんしばんこう)]いろいろと考えること。また、その考え。
[創意工夫(そういくふう)]誰も思いつかなかった新しい考えや方法を編み出すこと。「創意」はまねではなく、新しい思いつき。
[沈思黙考(ちんしもっこう)]黙って深く考え込むこと。《類》「沈思凝想(ちんしぎょうそう)」
[当意即妙(とういそくみょう)]その場で即座に気転を利かすこと。
[肺肝(はいかん)を摧(くだ)く]いろいろと気を遣い、十分に考えをめぐらす。「肺肝」は肺臓と肝臓で心の意。出典は杜甫(とほ)の詩『垂老別(すいろうのわかれ)』。
[世(よ)の中(なか)は九分(くぶ)が十分(じゅうぶ)]物事は、自分の思い通りにいかないもので、望みの九分がかなえば十分であって満足すべきであるということ。
[理路整然(りろせいぜん)]物事や考えの筋道が整っているさま。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382053
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「考える・考え」に関する故事・成語・ことわざ

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典