見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「あらわす・あらわれる」に関する慣用句



[頭(あたま)をもたげる]隠れていた物事が現れる。また、力量をのばし、人から注目されるようになる。
[陰影(いんえい)に富(と)む]言い表すことに変化や深みがある。
[笑(え)みの眉開(まゆひら)く](⇒「笑(わら)う・笑(わら)い」530ページ)
[地(じ)が出(で)る]生まれつきの性格・本性が表面に現れる。《類》「めっきがCID(7774)(は)げる」「生地(きじ)が出(で)る」「地金(じがね)が出(で)る」
[尻尾(しっぽ)を出(だ)す]ごまかしていたのがばれる。正体を現す。《類》「尻(しり)が割(わ)れる」「馬脚(ばきゃく)を現(あらわ)す」「化(ば)けの皮(かわ)がCID(7774)(は)がれる」
[氷山(ひょうざん)の一角(いっかく)]表面に現れたのは、物事のほんの一部に過ぎないということ。
[片鱗(へんりん)を示(しめ)す]すぐれた才能の一部を現す。
[襤褸(ぼろ)を出(だ)す]隠していた欠点や短所が現れる。《類》「襤褸(ぼろ)が出(で)る」
[世(よ)に出(で)る]世間に現れる。また、世間に知られる。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382012
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「あらわす・あらわれる」に関する慣用句

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典