見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 種別・呼称などからみた「社」



[神道の神をまつる所]神社(じんじゃ)・社(やしろ)・宮(みや)・神垣(かみがき)・御室(みむろ)・御諸(みもろ)・三諸(みもろ)・神(かみ)の御室(みむろ)・神(かみ)の宮(みや)
[熱田・橿原(かしはら)・香取・明治など神宮の号をもつ神社。また、伊勢神宮]神宮(じんぐう)
[伊勢の皇大神宮の称]内宮(ないくう)
[伊勢の豊受(とようけ)大神宮の称]外宮(げくう)
[内宮と外宮の総称]大神宮(だいじんぐう)・太神宮(だいじんぐう)・伊勢大神宮(いせだいじんぐう)・伊勢大CID(7786)(いせたいびょう)
[伊勢神宮の異称]神CID(7786)(しんびょう)
[かつて、社格を大中小に分けた第一の社。あるいは旧官幣社の第一位の社。また、出雲大社のこと]大社(たいしゃ)
[他に神霊を分祀したもとの]本社(ほんしゃ)・本宮(ほんぐう)・本宮(もとみや)
[本社に属して本社の祭神と縁の深い神をまつる。本社と末社の中間に位する]摂社(せっしゃ)
[本社から枝分かれした]末社(まっしゃ)・枝宮(えだみや)・支社(ししゃ)・分社(ぶんしゃ)・別宮(べつぐう)・新宮(しんぐう)・若宮(わかみや)・今宮(いまみや)
[末社にまつられる神]枝神(えだがみ)・裔神(えだがみ)
[本社の祭神の子を本社の境内にまつった]若宮(わかみや)
[国内の数社の祭神を一か所に合祀した]総社(そうじゃ)・惣社(そうじゃ)
[いくつかの小社を一つに合祀した]寄(よ)せ宮(みや)
[その国第一の由緒ある]一(いち)の宮(みや)・総社(そうじゃ)
[一の宮に次ぐ]二(に)の宮(みや)
[明治に定められた旧社格の一つで、宮内省から幣物を供進(ぐしん)された格式の高い]官幣社(かんぺいしゃ)
[旧官幣社のうち最も格式の高い]官幣大社(かんぺいたいしゃ)
[旧官幣大社に次ぐ格式の]官幣中社(かんぺいちゅうしゃ)
[旧官幣中社に次ぐ格式の]官幣小社(かんぺいしょうしゃ)
[旧官幣小社と同様の格式を有し、多く国家に功労のあった人びとをまつった]別格官幣社(べっかくかんぺいしゃ)
[旧社格の一つで、国から幣物の供進を受けた神社。格式は官幣社に次ぎ、大社・中社・小社の別があった]国幣社(こくへいしゃ)・国社(こくしゃ)
[旧官幣社と旧国幣社の総称]官社(かんしゃ)
[府県から奉幣した神社。旧国幣社の下、郷社の上の位]府県社(ふけんしゃ)
[府県社の下、村社の上に位した]郷社(ごうしゃ)
[村から奉幣した神社。郷社の下、無格社の上に位した]村社(そんしゃ)
[旧社格を有さない]無格社(むかくしゃ)
[明治維新ころからの国家に殉じた人の霊をまつる]招魂社(しょうこんしゃ)・護国神社(ごこくじんじゃ)
[延喜式で格式が定められた]式内(しきない)・式内社(しきないしゃ)・式社(しきしゃ)
[延喜式に記載のない]式外(しきげ)
[八幡神を祭神とする]八幡(はちまん)・八幡宮(はちまんぐう)・八幡宮(やわたのみや)
[五穀を司る倉稲(うかの)魂神(みたまのかみ)をまつる]稲荷(いなり)
[その地を鎮め守る神をまつる]鎮守(ちんじゅ)・鎮主(ちんじゅ)・鎮守(ちんじゅ)の社(やしろ)
[神社のある所・区域内]宮居(みやい)・宮処(みやどころ)・神域(しんいき)・境内(けいだい)・神地(しんち)・社地(しゃち)・神領(しんりょう)
[境内にある庭]神苑(しんえん)
[神社に通じる道]神路(しんろ)・神路(かみじ)
[小さな]祠(ほこら)・叢祠(ほこら)・神庫(ほこら)・神祠(しんし)・社祠(しゃし)・祠堂(しどう)・小祠(しょうし)・小社(しょうしゃ)
[路傍にある小さな]妻社(つまやしろ)・端社(つまやしろ)・CID(8267)社(つじやしろ)
[俗信から邪神をまつった]淫祠(いんし)
[神社の殿舎]社殿(しゃでん)・神殿(しんでん)・神殿(かむどの)・CID(7786)宇(びょうう)・社壇(しゃだん)
[正面の柱間(はしらま)が一つの神社本殿]一間社(いっけんしゃ)
[社殿のかたわら。社殿のあたり]社頭(しゃとう)・社前(しゃぜん)
[神社の祭礼で神輿が本宮から渡御して仮にとまる所]御旅(おたび)・御旅所(おたびしょ)・御旅所(おたびどころ)・御旅(おたび)の宮(みや)・御輿舎(みこしやどり)・仮屋(かりや)
[死者の霊魂をまつる建物]CID(7786)(びょう)・霊屋(れいおく)・霊舎(れいしゃ)・霊社(れいしゃ)・御霊屋(みたまや)・霊CID(7786)(れいびょう)・CID(7786)社(びょうしゃ)・CID(7786)宇(びょうう)・霊殿(たまどの)・魂殿(たまどの)・御霊屋(おたまや)・霊屋(たまや)
[先祖の霊をまつる小さな堂]祠堂(しどう)
[天皇の先祖をまつるCID(7786)]宗CID(7786)(そうびょう)
[孔子をまつったCID(7786)]聖堂(せいどう)・聖CID(7786)(せいびょう)・大成殿(たいせいでん)・孔CID(7786)(こうびょう)

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4381261
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    種別・呼称などからみた「社」

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典