見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ねがはくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月の頃



名言名句
ねがはくは花のし
たにて春死なんそのきさらぎの望月の頃
【解説】
満月の光の中に白く浮かび上がる満開の桜。その下ではらはらと散る花びらに埋もれながら死を迎えたい。
二十三で出家したとはいえ、この歌は僧のものとは思えない。後鳥羽院に「不可説の(言葉ではいいようのない)上手なり」と評価された『古今和歌集』を代表する歌人、西行ならではの優美でかつ深遠な歌である。桜を愛する日本人ならではの感性ともいえる。しかも西行はこの歌のとおり、陰暦二月十六日に亡くなったという。まさに自分の美学を貫いた人生だったのだ。
【作者】西行
【生没年】1118~90
【職業】歌人
【出典】『山家集』
【参考】西行はこよなく桜を愛した。一説に、鳥羽上皇の中宮であった待賢門院璋子にひそかに恋し、二十三歳という若さでの出家もその苦悩ゆえであったといわれる。そうだったとすれば、西行にとっては桜は待賢門院の化身であったのだろう。ちなみに、西行は平清盛と同年の生まれ。平安末期から保元・平治の乱を経て鎌倉幕府成立へと移り変わる激動の時代を生きた。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
名言名句の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5450158
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 名言名句の辞典>1人生>老いとともに生きる    >    ねがはくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月の頃

A D

名言名句の辞典について
日本語を使いさばくシリーズ。古今東西偉人賢人の名言名句を約700収録。やさしい言葉・はげまされる言葉・びりっとした言葉など味わい深いフレーズを厳選。スピーチやメッセージに活用したい。
この言葉が収録されている辞典

 名言名句の辞典


  • 【辞書・辞典名】名言名句の辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】700
  • 【発売日】2008年4月
  • 【ISBN】978-4755508141










この書籍の関連アプリ

 アプリ

名言名句の辞典

名言名句の辞典

  • 定価:960
  • 古今東西偉人賢人の名言名句およそ70...>>続く
Google Play

関連辞典
名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典