見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立春」から13日
    ┗「雨水」まで2日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 皮膚レーザー治療【ひふれーざーちりょう】



レーザー光線について
 レーザー光線とは、ある一定の波長の光を増幅させ、エネルギーを高めたものです。レーザー光線の持つ温熱作用を有効に利用して、標的となる色素を持ったあざの治療を行うのが、レーザー治療です。高いエネルギーを持つレーザー光線ですから、標的となる病変だけに作用させないと、周囲の健康な皮膚にも障害を与え、瘢痕(はんこん)を生じてしまいます。よって、レーザー光線による治療には、以下の3つの条件が重要となります。

1)波長
 現在皮膚科領域の疾患に使用されているレーザー光線は、メラニンの黒色色素の沈着からなるあざやしみに対するものと、赤血球の持つヘモグロビンの赤色色素を多く含む血管腫に対するものがあります。
 メラニンは広い波長の光を吸収しますが、波長が長いほど吸収効率は低下します。ヘモグロビンは418,542,577nm(ナノメートル)の光に吸収ピークを有しています。また、光は波長が短くなるほど深部へ到達しなくなりますので、ヘモグロビンに対しては577nmくらいの光が好ましく、メラニンに対しては700nm前後の波長が選択されます。

2)照射時間
 波長を標的に合わせても、長い時間照射していれば周りに障害を与えますので、標的にだけ十分に作用する、なるべく短い時間を設定して照射する必要があります。

3)照射エネルギー
 短い時間内に標的を十分に破壊するには、高いエネルギーを照射しなければなりません。
 これらの3つの条件を持つレーザー機器を用いて治療が行われているのです。

メラニンに対するレーザー治療
 メラニンの沈着による病変には、波長が694nmのルビーレーザーか、755nmのアレキサンドライトレーザーが使用されます。皮膚は、表面にある表皮層とより深いところにある真皮層に分けられますが、真皮層のメラニン沈着による太田母斑(あざ)は、レーザー治療でほぼ完全に消すことができます。太田母斑は顔面、とくに目の周囲にやや青黒い色素沈着がみられるもので、通常は右か左の片側だけにみられますが、時にしみ、そばかすと間違われる両側にできるタイプもあります。このあざの治療は医療保険が適応されます。治療回数は2ないし3カ月おきに、5回以上は必要です。そのほか、真皮のものとしては青黒い刺青を消すこともできますが、もちろん保険は使えません。
 表皮の色素沈着のうち、扁平母斑は保険の適応があります。これは、多くは生下時より存在する茶あざであり、全身どこにでも生じます。このあざの治療は数回繰り返し行う必要がありますが、なかなか完全には消せません。小児期に治療を開始したほうがより効果があるようです。そのほかでは、そばかすは非常にきれいに1回で消すことができますし、老人性のしみも十分に薄くすることができます。ただし、やはり茶色のしみですが、肝斑と呼ばれるものはかえって濃くなることもあります。すなわち、レーザー治療は治療の手技以上に正しい診断がより重要です。

ヘモグロビンに対するレーザー治療
 現在最も使用されているのは、585nmのダイレーザーです。単純性血管腫は生下時よりみられる平らな赤色のあざですが、数回繰り返し照射することにより、薄くすることができます。照射後に一時的に色素沈着を生じることが難点です。苺状血管腫は生後間もなくのころは平らであったものが、イチゴのように真っ赤で表面がぶつぶつした盛り上がりを示してくる血管腫です。以前は自然に消えるのを待つのが方針でしたが、赤みは消えても弛んだ皮膚が残るため、最近では生後1、2カ月の時期からダイレーザーを照射するのが良いとされています。これらのあざの治療は医療保険給付の対象となります。

その他のレーザー治療
 その他の病変でレーザー治療が行われているのは、炭酸ガスレーザーを用いた、ほくろやいぼの治療、アレキサンドライトレーザーを用いた脱毛、真皮に作用させてしわを浅くする治療などがあります。レーザー治療はこのように美容的な領域への拡大をみせており、様々なニーズに応える治療となりつつあります。 (川島眞

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5036598
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>コラム>皮膚科    >    皮膚レーザー治療

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)