見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 焼ける【や・ける】


自下一



【1】熱・光・薬品の働きが物質に加わる。【ア】火で燃える。「火事で家が―」「町中が―」【イ】加熱され、熱が通る。「魚がこんがり―」【ウ】加熱により、原料の性質が変化して、物ができあがる。「炭が一晩で―」「よく―・けた瀬戸物」「このクッキーは早く―」【エ】日光などにより、色が変わる。「スキーに行って顔が―」「潮風で赤銅色に―・けた漁師」「カーテンが日光に―(=色があせる)」【オ】〔「胸が―」などの形で〕食物が胃にたまって胸のあたりがむかつく。「やきいもを食べすぎて胸が―」【カ】(日の出前や日没時に)空が赤くなる。「空が真っ赤に―」【2】(【1】から)心が動かされる。【ア】〔「世話が―」などの形で〕あれこれと気をつかい手がかかる。「あの子は世話が―・けて困る」【イ】他人の幸福やめぐまれていることが、にくらしく感じられる。ねたましくなる。「彼があまりもてるので―」▽【イ】は「妬ける」とも書く。

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 705412180
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版