見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・17日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から11日
    ┗「大寒」まで3日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 静電気防止グッズ


乾燥した冬、自動車のドアに触れるとピリッと感じることがある。静電気のしわざだ。どの静電気から解放されるグッズがある。



異なる2種のモノが擦(こす)れたり剥(は)がれたりしたとき、静電気は生まれる。

だが、「静」と名付けられていてもバカにはできない。

ドアノブに触れてショックを感じるとき、実は数千ボルトの電圧が生まれている。

小さな雷に襲われているようなものなのだ。

では、静電気と電線に流れている電気は違うのか。

答えはノーだ。

どちらも、同じ電子が演じる現象である。

静電気の「静」とは、電子が「動かない」ことを示しているだけ。

その動かない静電気が大地に一気に移動するとき、我々は「ビリッ」と感じるのだ。

静電気の被害を受けないためには、二つの戦略がある。

一つは静電気を溜めないこと、もう一つはゆっくり流すことである。

静電気をためないようにするグッズとしては、静電気防止スプレーが代表的である。

これは洗剤の素である界面活性剤がおもな成分だ。

吹きかけると、界面活性剤が表面を覆い、湿度を吸収したり保持しやすくしたりする。

その水分から電気が流れるため、静電気がたまらないのである。

柔軟剤(じゅうなんざい)を用いて洗った衣類を着るのも有効だ。

洗濯の仕上げをシットリさせるために、洗濯後の布の表面には界面活性剤の成分が残るようになっている。

これが水分を留め、電気を流しやすくしてくれる。

静電気をゆっくり流すグッズとしては静電気除去キーホルダーが挙げられる。

先端部には導電性のゴムが付けられていて、ほどよい電気抵抗を生むように設計されている。

ドアのノブに触れる前にこの先端部を介(かい)して触ると、体にたまった静電気はゆっくり流れ去り、痛さを感じないことになる。

もっとも、これらに頼らなくても、簡単に静電気の痛さから解放される方法がある。

一つは、ドアを指ではなく手のひら全体で触るようにすること。

もう一つは、ドアを触る前に近くの壁を一度触ることだ。

手のひら全体で触ると静電気が流れる面積が増え、痛さが減少する。

また、壁に触れると電気はゆっくり流れ去ってくれるのだ。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567135
    0
  •      
  •      



▼関連キーワード:電子はかり  手回し発電  太陽電池  クォーツ時計  

   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介


  1. ◆「静電気防止グッズ」の関連ワード

  2. 電子はかり

  3. 手回し発電

  4. 太陽電池

  5. クォーツ時計


A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D