見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から14日
    ┗「小満」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 形態安定シャツ


毎日のアイロン掛けから解放してくれるのが形態安定シャツ。いったいどうやって形が保たれているのだろう。



そこで、現在、市販されている多くのワイシャツには形態安定という加工が施(ほどこ)されている。

形態安定とは「形状記憶」「ノーアイロン」などと呼ばれる繊維(せんい)加工の総称である。

この加工が施されていると、洗った後に干すだけでアイロンが不要になる。

あわただしい現代人にはピッタリのシャツだ。

形態安定加工のしくみを見る前に、なぜシワができるのかを調べよう。

綿繊維は天然のセルロース分子が緩やかに結びついてできているが、内部には大小さまざまな隙間(すきま)がある。

洗濯時には、この隙間に水がしみ込んで膨張(ぼうちょう)・変形するのだ。

そのまま乾燥すると、繊維が変形状態で固定されてしまう。

これがシワの原因である。

シワを作らないためには、水による繊維の膨張を抑えればいい。

その解決策として考え出されたのが架橋(かきょう)反応だ。

繊維と繊維とがしっかり結びつくよう、分子同士に橋を架ける化学反応を利用するのだ。

そうすれば、水がしみ込んでも繊維は膨張しなくなる。

架橋反応には最初にホルマリンが利用された。

現在では肌や環境にやさしいさまざまな物質が考え出されている。

架橋反応を利用して繊維の変形を防ぐ技術は、何も綿だけに限ったことではない。

ウールにも利用されている。

「丸洗いできるスーツ」などがそれである。

ウール繊維は表面がうろこ状になっていて、水を含むとささくれ立ち、隣の繊維ともつれ合う。

これが、水洗いでウール製品が縮む原因だ。

そこで、繊維を薄く樹脂で包んで架橋させる。

すると、濡れても繊維はもつれ合うことがなく、乾燥すれば元の形に戻る。

ちなみに、形態安定加工された衣服は「濡(ぬ)れ干(ぼ)し」が基本である。

雫(しずく)がたれるくらいが理想だ。

水分の重みでシワが自然に伸びるからである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567031
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D