見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・25日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から4日
    ┗「芒種」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 撥水スプレー


傘やコートにシュッとひと吹きしておくだけで、雨水をはじいてくれる。雨の憂鬱が半減するアイテムだ。



古くなった傘(かさ)は、雨の水滴がなかなか取れない。

しかし、撥水(はっすい)スプレーをひと吹きしておくと、新品のように水をはじくようになる。

スキー場に行って、スキーウエアにかけておくと、雪の上で転んでも濡れることはない。

スプレーの主成分となる撥水剤にはさまざまな種類があるが、服や傘などに吹きかける撥水剤の多くはフッ素樹脂(ふっそじゅし)を成分に持っている。

フッ素樹脂はきわめて安定しており、他の物質と作用しない。

このことは、フライパンの表面加工に用いられていることからもわかる。

他と作用しないというこの性質は、水に対しても当てはまる。

したがって、フッ素樹脂の微粒子(びりゅうし)を吹きかけておけば、水はなじむことなく弾(はじ)かれる。

これが撥水のしくみである。

車のガラスに吹きかける撥水剤の多くはシリコーン樹脂を成分とする。

シリコーン樹脂はケイ素を骨格にした樹脂である。

ケイ素は炭素と親戚(しんせき)であり、炭素からできた油脂(ゆし)が水と分離するように、シリコーン樹脂にも水を遠ざける性質がある。

この疎水性(そすいせい)を利用して撥水効果を出すのだ。

ガラスにシリコーン樹脂の撥水剤を利用するのは、ともにケイ素が主成分のため、相性がいいからだ。

ワイパーでこすっても落ちにくい。

ガラスに吹きかけられたシリコーン樹脂の撥水性のしくみをミクロに見てみよう。

撥水剤をスプレーすると、ガラスと相性のいいシリコーン樹脂の分子はきれいに表面を覆(おお)い、水分子が入り込みにくくなる。

さらに、ガラスと相性のいいシリコーン樹脂の分子はガラスから剥(は)がれにくい。

これが分子の世界で見た撥水性の秘密である。

ちなみに、ケイ素をシリコン(silicon)という。

その有機化合物のシリコーン(silicone)とは異なるものだが、マスコミなどでは後者も「シリコン」と書き表すことがある。

撥水に似た言葉に防水がある。

撥水は水をはじくだけだが、防水は水を通さないことを意味する。

防水加工された衣類が蒸むれやすいのはこのためだ。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567030
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D