見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・25日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から4日
    ┗「芒種」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 制汗・制臭スプレー


女性だけでなく、男性も汗のニオイや体臭を気にする時代になっている。デオドラントグッズの売れ行きは好調のようだ。



「汗は男の勲章(くんしょう)」などと、汗のニオイが男のシンボルとされた時代があった。

しかし、今は「汗臭さ」が疎(うと)まれる時代になった。

そんななか、「デオドラントグッズ」が男性に人気だ。

デオドラントグッズとは、汗を抑えたり、汗のニオイを解消したりする商品のこと。

汗を抑える「制汗(せいかん)」、汗のニオイを取る「制臭(せいしゅう)」に大別されるが、多くの製品は両者を備えており、その区別は不明確である。

形態としては、ロールタイプ、クリームタイプ、スプレータイプの3種がある。

ここでは人気の高いスプレータイプを調べてみよう。

まず「制汗」のしくみについて見てみたい。

スプレーならば、それを吹きつけた部分が冷却されるので、必ず制汗効果は生まれる。

そこで、商品の売りとしては、プラスアルファが求められる。

いかに汗腺に働きかけて発汗を抑えるかという工夫が商品のセールスポイントになるのだ。

例えば、スプレーに混ぜられた成分が汗腺(かんせん)に入り、直接発汗を抑える、という商品もある。

次に「制臭」を見てみよう。

意外かもしれないが、人の汗自体にはニオイがない。

皮膚の常在菌が、汗を食べて繁殖する際に出す分解物が臭うのだ。

そこで、ニオイを出しやすい脇の下などを殺菌すれば、汗のニオイは少なくなる。

さらに、出された分解物を浄化してもニオイはなくなる。

人気があるのは、銀イオンを含ませた商品である。

銀イオンは人には無害で、殺菌や浄化の効果が強いからだ。

現代の日本人はニオイを抑えることに熱心である。

実際、デオドラント商品でいちばん売れているのは「石けんの香り」で、たいへん控えめな香りだ。

フランスなどに目を転じると、ニオイを楽しみ、積極的にアピールする文化がある。

男性も香水をつけるのが当たり前なのが、その一例である。

日本も近い将来、「制臭」ではなく「発香」の文化が普及するかもしれない。

そのとき、制汗スプレーの香りとしてどのようなものが好まれるのだろうか。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567027
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D