見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    赤口
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 FM放送とAM放送


ラジオ放送には、FM放送とAM放送があるが、FMのほうが音質がいいのはなぜなのだろう。



放送の世界ではデジタルたけなわの現代だが、アナログで頑張っているものがある。

ラジオ放送だ。

災害にも強く、深夜族の若者にも人気だ。

ラジオ放送には、FM放送とAM放送がある。

どう違うのだろう。

大きな違いは、次の三つである。

最初に挙げられるのは変調方式である。

音声は物理的にいうと音の波(音波)だが、そのままでは放送電波に変換できない。

音波の周波数が電波の周波数に比べて、あまりにも小さいからだ。

そこで、音波を電波に変換するのではなく、サーフィンのように電波の上に乗せて放送する。

これが変調である。

乗せる電波を搬送波(はんそうは)という。

AMとFMとはその変調の方式名だ。

AMとは振幅(しんぷく)変調を、FMは周波数変調を略したもの。

その言葉通り、AMは音波を「搬送波の振幅の変化」で表現し、FMは音波を「搬送波の周波数の変化」で表現する。

雑音電波はおもに電波の振幅に影響する。

したがって、AMの電波は雑音の影響をもろに受けることになる。

これが、FM放送のほうが音質のいい理由の一つだ。

二つ目の違いはチャンネルの幅である。

FM放送のほうがAM放送よりも広い設定になっている。

放送情報を水にたとえると、チャンネルはその水を送るパイプにたとえられる。

この比喩(ひゆ)を用いるなら、FM放送のほうがAM放送よりもパイプが太いのである。

そこで、FM放送のほうがAM放送よりも原音を忠実に再現できることになる。

三つ目の違いは、一部を除いて現在のFM放送がステレオ放送、AM放送はモノラル放送、ということだ。

FM放送のほうが臨場感を伝えられるのはこのためである。

ステレオ放送は左右の音声を主信号と副信号に分け、副信号はさらに副搬送波に乗せてから搬送波に乗せる。

主信号は客室に、副信号は車に乗せ、まとめてフェリー(搬送波)に乗せて送るようなものである。

こうして、左右の音声を混線させることなく放送できるのだ。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567011
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D