見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    友引
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 エレベーター


高層ビルになくてはならない乗り物がエレベーター。中をのぞくと、さまざまな工夫が施されている。



11月10日はエレベーターの日である。

1890年のこの日に、東京の浅草で日本初の電動式エレベーターを備えた凌雲閣(りょううんかく)がオープンしたことを記念したものだ。

紀元前のローマではエレベーターが使用されていたという記録が残っている。

もちろん電動式ではないが、エレベーターの歴史は意外に古い。

現代の電動式エレベーターの多くはつるべ式と呼ばれる方式を採用している。

人が乗る「かご」と、バランスを取るための「つり合いおもり」がワイヤーロープによって「つるべ式」につながっている方式だ。

この方式の特徴は、かごと「つり合いおもり」をつり合わせているため、モーターにかかる負荷が半減され、モーターの容量を小さくできることだ。

エレベーターの駆動方式には、その他に、「巻胴(まきどう)式」「油圧(ゆあつ)式」などがあり、高さやスペースなどによって使い分けられている。

かごが昇降するイメージは、ケーブルカーを垂直に走らせるのに似ている。

取りつけられたローラー(すなわち車輪)にガイドされながら、かごは直立したレールに沿ってロープに引っ張られて移動するのである。

最近のエレベーターは静かで揺れがない。

時速50キロを超えるスピードで昇降しながら、床に立てた10円玉が倒れないという。

これはコンピューター制御(せいぎょ)のおかげだ。

かごにつけられた加速度センサーが揺れを感知すると、ローラーとレールとの力関係をコンピューターが調整。

常にかごの振動を抑えるように保たれているのだ。

コンピューター制御は、待ち時間の縮小にも一役買っている。

何台もエレベーターが並んでいるのに、長い時間待たされたという経験をお持ちの人も多いだろうが、新しいビルではそんなことはない。

イライラせずに待てるのは1分以内というが、コンピューター制御でそれが実現されている。

また、エレベーターはビルの構造にも影響を与えている。

スカイロビー構造がその例である。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567003
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D