見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    友引
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 Google Glass【ぐーぐるぐらす】





米グーグル社の研究部門、Google X Labが開発中のヘッドマウントディスプレイ型ウェアラブルコンピュータ(身に着けるコンピュータ)。メガネのレンズの前に超小型コンピュータが置かれており、メガネを通して見ている現実の光景の上に各種情報を重ねて表示する。AR(拡張現実)インタフェースを実現するものである。

2012年4月、Google+上でその存在が周知されたが、現在に至るまで市販はされていない。試作機がイベントで展示されたり、一部開発者や一部試用希望ユーザに提供されたのみである。

「ウェアラブル」「AR」ともに、コンセプトとしてはかなり古く、ウェアラブルは1981年、ARは1965年が元祖だとする見解もあるほどである。しかし、どちらもコンセプトのみが先行する時代が長く、一般化しているとはいいがたかった。Google Glassはその軽量さ、スマートさから、実用的なウェアラブル、実用的なARを実現するものとして期待されており、2014年現在のウェアラブルのブームを引き起こしているといえる。実際、他社からも競合製品開発が発表されており、日本では、iPhoneを使ったARサービスの先駆的存在だった「セカイカメラ」を手がけた起業家が、「テレパシー・ワン」を準備中である。

これまでのヘッドマウントディスプレイ(HMD)は大型で、おでこから目の前全面的に覆い、サンバイザーのようにせり出すものだった。Google Glassチタン製の軽量フレームも用意されているなど軽量化が施されており、普通のメガネと較べてあまり違和感がない。また、AR端末としては、メガネ型であるため、ハンズフリーでARを実現できる。

Google Glassはメガネ型であるが、ウェアラブルデバイスの形状はメガネ型に限らない。現在、メガネ型と人気を二分しているのは腕時計型である。腕時計型ウェアラブル端末は俗に「スマートウォッチ」などと呼ばれることがあるが、グーグル社は Google Glassと別に「Android Wear」という、同社のスマートフォン向けOS「Android」をウェアラブル向けに展開するプロジェクトを進行中であり、そちらでスマートウォッチ製品が発表される予定である。

なお、グーグル社は「Google Glass」以外にも「Glass」での商標登録も申請しているが受理されていない。市販される際にどちらの名称になるかは未定である。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12665120
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>時事用語アーカイブ>    >    Google Glass

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】