見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 倒叙【とうじょ】



ミステリの形式の一つで、犯人およびトリックが冒頭から明かされ、主に犯人の視点で物語が展開するタイプのこと。典型的には、「殺意の発生 → 殺人計画の構想 → 殺害の実行 → 警察・探偵ら捜査陣との攻防」となる。代表作としてはTVドラマ「刑事コロンボ」(米)「古畑任三郎」(日)が有名。

推理小説では何らかの事件が起こるわけであるが、その事件の何に焦点を合わせるかによって、作品を3分類できるという基本的な考え方がある。

誰が犯人なのか = フーダニット(Whodunit, Who done it)
どういう方法だったのか = ハウダニット(Howdunit, How done it)
動機は何だったのか = ホワイダニット(Whydunit, Why done it)

これらはいずれも、探偵側が解明していく前提のものだが、倒叙ミステリは上述のとおり、犯人、犯行方法、動機が判っており、この3分類のどれにも当てはまらない。そのため、倒叙ミステリの楽しみ方は、犯人の心理描写、殺害時の緊張感、探偵側がどうやってトリック見抜くか、といったところになる。

倒叙ミステリ小説の始祖は1912年に刊行されたオースティン・フリーマンの短編集「歌う白骨」であるといわれているが、エドガー・アラン・ポーの「黒猫」であるなどの異見もある。他にはフランシス・アイルズ「殺意」、フリーマン・ウィルズ・クロフツ「クロイドン発12時30分」、リチャード・ハル「伯母殺人事件」などが有名(俗にいう倒叙三大名作)。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12665117
    0
    しおり
  •      
  •      




◆「倒叙」がよく分かる関連まとめ


   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般語    >    倒叙

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】