見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 表層雪崩【ひょうそうなだれ】



(定義)古い積雪の上に積もった新雪など積雪の上層部が滑り落ちる雪崩の種類。2012年2月1日に秋田県仙北市の玉川温泉で発生した表層雪崩では岩盤浴場にいた温泉客3人が死亡した。

(ミニ解説)雪崩には「全層雪崩」と「表層雪崩」の2種類がある。「全層雪崩」はその名の通り、地表に降り積もった積雪が全体的に崩れ落ちるもので気温の上がる春先は特に警戒される。斜面や傾斜地で過去に雪崩が発生している場合や、斜面に新たな亀裂が見られる場合も注意が必要だ。一方、「表層雪崩」は、気温が低くても既存の積雪の上に短期間に多量の雪が新しく積もった場合にリスクが高くなり、1月から2月にかけ多く発生。そのスピードは全層雪崩の時速40~80㌔を上回り、時速100~200㌔と新幹線に匹敵する。独立行政法人・防災科学技術研究所の雪氷防災研究センターが玉川温泉で行った現地調査によると、崩落した雪の下層部分が残っていたことから表層雪崩と断定。雪崩は幅約300㍍、長さ約100㍍の規模で、重さは約4500㌧とみられている。岩盤浴場そばの斜面には樹木がなく、傾斜は約40度と雪崩が起きやすい30~45度の間だった。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12664337
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>社会>社会問題    >    表層雪崩

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】