見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・15日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から8日
    ┗「冬至」まで7日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:26
    月名(旧歴日):二十六夜(にじゅうろくや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 三位一体改革【さんみいったいかいかく】



国から地方自治体へ財源を委譲することで地方自治体の独立性を高め、地方の政治経済を活性化しようとする試み。2002年6月に小泉首相が経済財政諮問会議に対して(1)国庫補助負担金、(2)地方交付税、(3)税源の移譲を三位一体で検討するよう指示して以来、現在に至るまで改革の試みが続けられている。

そもそも現状の制度では、地方財政を地方の税収だけで賄うことは難しい。そのため地方は国に対して陳情を行うなどして、使途制限付きの(1)国庫補助負担金を獲得しようとする。ここに中央官庁・政治家が関与する余地が生まれるのだ。地方のニーズを無視した補助金支出がマスコミを騒がせる背景にはこうした構造が横たわっているのである。

一方(2)地方交付税は、所得税・酒税・法人税消費税たばこ税といった国税の一定割合を地方に分配することで、地方公共団体の間の格差をなくすことを目的としている(税収の多い東京都だけは地方交付税を受けていない)。地方の自助努力を反映することなく機械的に分配され、しかも使途制限もない税であることから、これが地方自治体の改革意欲を鈍らせているのではないかという批判もある。

このような弊害の目立つ(1)(2)の税源を地方に移譲して、(3)地方自治体が自ら税金を徴収できる制度を構築するのが三位一体改革の目的であるが、その理想とは裏腹に今日もなお(1)(2)の利権を有する中央官庁と地方自治体のせめぎ合いが続いている。(3)が不十分なまま、(1)(2)の金額だけが削減され、地方自治体が更なる財政危機に直面する可能性も高く、(1)(2)(3)が文字通り""三位一体""で行われるかどうかが最大の焦点といえる。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660742
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般    >    三位一体改革

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】