見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・15日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から8日
    ┗「冬至」まで7日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:26
    月名(旧歴日):二十六夜(にじゅうろくや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 (株)資生堂【しせいどう】


Shiseido Company,Limited



時に1872年。当時まだ漢方薬が全盛だった時代に、日本初の洋風調剤薬局を開業した創業者・福原有信は、その社名を「資生堂」と定めた。

この社名は中国古典『易経』の一節に由来する。六十四卦の一つ、陰が極まり陽に転化する直前の卦「坤為地(こんいち)」の運勢を述べた文中の、「至哉坤元万物資生」=「至れるかな坤元、万物資(と)りて生ず」という文ががそれだ。「大地の徳はなんと素晴らしいものであろうか。すべてのものは、ここから生まれる」という意味で、そこには、新たな文化を生み出そうとするフロンティアスピリッツが込められているという。

その精神に違わず、資生堂は1888年、日本初の練り歯みがき「福原衛生歯磨石鹸」を発売。1897年には化粧品事業に進出し、現在も販売されている超ロングセラー商品「オイデルミン」を発売した。さらに1902年には、日本初のソーダ水や当時はまだ珍しかったアイスクリームを売る飲食店ソーダ・ファウンテン」(現・資生堂パーラー)を開設。薬品から化粧品へ、そして周辺事業へと着々と手を広げ飛躍を遂げた資生堂は1927年に株式会社となり、その後も多くのヒット商品を生み出し続けている。

もちろんこうした開拓者精神は、現在の資生堂にも受け継がれている。同社の「企業使命」に「私たちは、多くの人々との出会いを通じて、新しく深みのある価値を発見し、美しい生活文化を創造します」とあるのは、その証といえるだろう。(文中敬称略)

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660193
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般    >    (株)資生堂

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】