見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 (株)サンリオ【さんりお】


Sanrio Company,Ltd.



サンリオの前身は、(株)山梨シルクセンター。現社長=辻信太郎が立ち上げた会社で、社名の通り、絹織物の販売を生業としていた。

転機が訪れたのは会社設立から2年後のこと。サンダルに花模様を付けて売り出したところこれが予想を超えた人気商品となったのだ。シンプルで味気ないものだった日用品に、デザイン的な付加価値を付けて売る。そこに商機を見いだした辻は、同社オリジナルデザインとなる第1号「いちご」を開発。これを文具や雑貨に載せて販売したところ爆発的に売れ、一大ブームを巻き起こした。

この成功を機に著作権ビジネスの世界展開を企図した辻は、1973年、より国際的に通用しやすい「サンリオ」に社名を変更する。サンリオの語源は、スペイン語のSan Rio。英語ならSaint River、つまり聖なる川という意味で、そこには「人類が最初に住み始めたと言われる河のほとりに聖らかな文化を築きたい」という思いが込められている。

その社名に違うことなくサンリオの進撃は続いた。社名変更の翌年となる74年は、同社の看板キャラクターハローキティ」が誕生。その世界的ヒットにより売上を伸ばした同社は、ついに82年、東証二部に上場(84年には東証一部に指定替)を果たす

その後も90年に東京都多摩市テーマパーク「サンリオピューロランド」をオープンするなど、自社開発キャラクターを核とした事業を次々に展開。現在に至るまで、その愛らしいキャラクターを通じて世界中の人々を魅了し続けている。(文中敬称略)

※なお、「山梨の王」からサンリオという社名になったとする説もあるが事実ではない。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660187
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:(株)八十二銀行  三菱  キヤノン(株)  (株)ライブドア  

   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般    >    (株)サンリオ
  1. ◆「(株)サンリオ」の関連ワード

  2. (株)八十二銀行

  3. 三菱

  4. キヤノン(株)

  5. (株)ライブドア


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】