見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 聖護院八ッ橋[聖護院八ッ橋総本店]【しょうごいんやつはし】


京都随一の手みやげと呼ばれる
江戸初期生まれの干菓子






米粉で仕上げた生地に肉桂(シナモン)をしのばせ、曲線の美しい琴の形に焼き上げた八ッ橋。ぱりっとした歯ごたえと、爽やかな香りが好まれ、京都みやげの定番となったこの銘菓の誕生は、江戸時代初期。筝曲(琴)の開祖と称えられた八橋検校の遺徳を偲び、八ッ橋と名付けた琴に似せた干菓子を菩提寺の参道で売り出したのが始まりという。それが、後に聖護院八ッ橋総本店の前身、元禄2年(1689)創業の玄鶴堂である。
特に有名になるのは、明治38年(1905)のこと。七条停車場(現JR京都駅)で、お菓子では初のホームでの立ち売りを開始してからだ。御所で大正、昭和天皇即位の御大典が行われた際、全国から奉祝に訪れた人々が競って買い上げ、その盛名は不動のものに。現在では生八ッ橋、カネール、霜の橋など多彩な商品を展開、人気の幅を広げている。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071832
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>京都府    >    聖護院八ッ橋[聖護院八ッ橋総本店]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産