見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 呉竹最中[小松屋]【くれたけもなか】


日本海の荒磯の恵みを生かした
青海苔の香り豊かな翡翠色の餡






かつて北前船の寄港地として栄えた日本海の港町・酒田。天保3年(1832)に創業した小松屋は、独特な青海苔入りの和菓子で知られる名店だ。日本海の荒波にもまれた青海苔は磯の香り豊か。それを白餡に練り込み、翡翠色の独特な餡を生み出した。呉竹最中は、この餡を竹の節を模した皮に挟んだ上品な最中。口に入れた瞬間、なんの風味だろうと一瞬戸惑うが、やがて納得。ほのかな青海苔の香りは嫌みがなくて清々しく、甘みは強いがさらりとした餡に上品なアクセントを与えている。ぱりっと香ばしい皮との相性もいい。
同様に、白インゲンに青海苔をたっぷり練り込んだ呉竹羊羹も、磯の香が漂い、ねっとりとして濃い緑色が特徴。正岡子規に「青幽なる色調、気品のある風味類なし」と絶賛されたという逸話が残る。竹久夢二の文章の一説にも登場し、まさに深い歴史を感じさせる一品だ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071644
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>北海道・東北>山形県    >    呉竹最中[小松屋]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産