見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・18日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から12日
    ┗「大寒」まで2日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 布恒更科【ぬのつねさらしな】


変わりそばがユニーク





更科そばの祖「布屋」の直系「有楽町更科」の次男・伊島恒次郎さんが昭和38年に開いた更科そばの名店。かつて店の周辺は、料亭や置屋が軒を並べた花街だったという。「初代は遊び人でした。たぶん、このあたりが気に入り、ここに店を構えたのでしょう」と、三代目の伊島節さん。さらに「趣味も多く、釣りが楽しめると江ノ島などにも店を持っていました」

伊島さんは有楽町更科の味を守るとともに、自由な発想でそばづくりを楽しんでいる。ユズやシソといった変わりそばのほかイタリアンパセリ、クコ、春菊、トマトなど練り込む素材は30種以上。パパイア御前や御前もちなど、そばを使ったデザートも伊島さんのオリジナルだ。また、伊島さんの遊び心でつくる蕎遊蕎楽(要予約)も、そば屋らしからぬ献立が揃う。一例として、そばのガレットミートソースアボカドとマグロのそばの実あえなど、ふだんのメニューにはないものばかりを出す。旬の食材を用いるため内容は定まっていない。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071274
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦