見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・14日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から6日
    ┗「秋分」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 手打古式蕎麦【てうちこしきそば】


製法特許のそばが自慢





そばは麺類で唯一、香りも大切にした食べ物。その香りは、栗でいうと渋皮、つまりそばでは甘皮の部分にある。この店では甘皮と二番粉だけで打った真っ黒なそばを出す。色が黒いのは、甘皮がより多く含まれているから。だが、甘皮を多めにして打つと、もそもそとした食感の悪いそばになってしまうため、上手に打てる人は全国でもごくわずかだという。

以前は熊本で開業していたが、日本一のそば屋を目指して昭和56年に上京。今もそば粉は、店主・山崎哲夫さんの意見を取り入れている九州の製粉所から送られ、気候とその時期のそば粉の良し悪しで、つなぎの小麦粉の量を微妙に変えて打つ。

そばは製法特許を取得しており、噛むと甘皮が舌で感じられる独特の風味があり、歯応えものど越しもいい。このそばを大根おろしのしぼり汁と生醤油食べるのが名物の古式もり。辛口のそばつゆでいただく、もりそばやざるそばと食べ比べるのも、この店でそばを味わう、ひとつの方法でもある。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071253
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>文京区    >    手打古式蕎麦

A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦