見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで9日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 大はし【おおはし】


暖簾を誇る「千住で2番」の居酒屋





明治10年(1877)に初代が千住大橋の傍らに創業、のちすぐに現在地に移転した。一部に昔の建物の梁などを利用した店内は、とても平成16年築とは思えない渋さ。祖父から父・兄と店を継いで、現在は4代目の神野彦二さんが都内一、二の老舗居酒屋の暖簾と、大事な大事な牛にこみの味と鍋を守る。

「もともとが肉屋兼食堂でね、牛めし用の肉の切れっぱしを薄い味つけで煮て、試しに豆腐を入れてみたのが始まり」と神野さん。豆腐抜きが牛にこみ、豆腐入りが肉とうふ。半世紀も前に客の日本画家・伊藤晴雨が「名物にうまいものあり北千住 牛のにこみでわたる大橋」と詠んだ、千住名代の2品だ。

にこみの肉は、ころんとサイコロ状(ま、多少は煮崩れてるけど)の肩ロース。昔からモツは使っていない。歯ごたえしっかりとほんのり甘く、一緒に煮る豆腐にもやわらかく味がしみている。店の看板に「千住で2番」。1番はむろん、牛にこみとキンミヤ焼酎でご機嫌の、今日も店いっぱいのお客さんたちだ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070860
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理