見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 明神下 神田川本店【みょうじんした かんだがわほんてん】


古格を誇る老舗中の老舗





徳川幕府賄い方を務めていた初代が文化2年(1805)、万世橋近くに蒲焼の屋台を開いたのが始まり。現当主の神田茂さんで11代目を数える、東京きっての老舗だ。現在の建物は昭和27年の再建ながら、旧家の屋敷の古材を用いているため、築年数以上の貫禄を備えている。和室のほか、平成18年に増築した洋室も、中庭を眺めながらくつろげると評判がいい。

「昔のままに仕事をするのが老舗の役割」と語る神田さんは、うなぎを割くのも炭火で焼くのも、また家伝のたれで味つけするのも、すべて昔ながら手仕事で伝統の味を守っている。

うな重などの値段の差は、うなぎの大きさの違いによる。大小にかかわりなくうなぎはすべてふっくらとやわらかく、香ばしい匂いが鼻孔をくすぐる。人気の肝焼はうなぎ6~7尾で1串分しか取れないため、早いうちになくなることが多い。肝はすべて肝焼に使うから、当店の献立に肝吸いはない。街の喧噪を忘れさせてくれる重厚な店内で、老舗の味を堪能したい。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070700
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:神田きくかわ 神田店  なかや蒲焼店  

   


  1. 東京五つ星の鰻と天麩羅>鰻の名店厳選40軒>千代田区    >    明神下 神田川本店
  1. ◆「明神下 神田川本店」の関連ワード

  2. 神田きくかわ 神田店

  3. なかや蒲焼店


A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅